LIP38℃ Lip Treatment

昨日買ったリップトリートメント。

パッケージ可愛くないですか?

やっぱり化粧品ってこういうトキメキがなきゃ!って思います。

見るたびにテンション上がってぬりぬりしてます。

http://flowfushi.com/lip38/

コメントはまだありません »

コメントを残す

空気人形

私に起きたいくつかの恋愛がリンクしていて、予想より重いパンチを食らった。

 

SMOKE ウェイン・ワン (監督)

すごく久しぶりに見た。

相変わらずいい映画。映画らしい映画。

 

煙草屋演じるハーヴェイ・カイテルが人間臭くてとてもいい。

ボクたちはみんな大人になれなかった 燃え殻 (著)

エモい。一言で言うと、エモいです。
ボクたちがみんな、ボクだけの物語として胸に秘めている(記憶の外に追い出そうとしている)傷を、「これでしょ?」と差し出してくる。

 

彼の文章はTwitter発祥(?)のせいか、一文一文がスッと腑に落ちるリズムで成り立っている。途中で読者を迷子にさせたりしない。
それ故に、SNS世代の我々に「届く文章」になっているようだ。

ハルキストの私としては、多少物足りなさは感じた。
すぐに春樹と比べたがるのがハルキストの悪い癖。

YA-NE-SEN a Go Go (by ShiShi Yamazaki)

はー好き。大好き。

Shishiさんの動きが全部好き。アニメーションのタッチが好き。音楽が好き。

0:13あたりのどら焼き食べてる表情が好き。

食べ物持ってる時の表情はどれもいいな。

この短いアニメーションを何度も何度も再生してる。

LIP38℃ Lip Treatment

昨日買ったリップトリートメント。

パッケージ可愛くないですか?

やっぱり化粧品ってこういうトキメキがなきゃ!って思います。

見るたびにテンション上がってぬりぬりしてます。

http://flowfushi.com/lip38/

写真家ユニット原久路 and 林ナツミ

全部見て。全部見てほしいよ。

映る少女たちはみな強いまなざしでこちらを見ているけれど、この時間がすぐに去ることを知っている大人たちはひどく狼狽してしまう。

無垢なものに宿るエロティシズム。

 

 

たのしごとデザイン論〈クリエイターが幸福に仕事をするための50の方法論。〉

最近、仕事関連の本をよく読んでるな・・・「人のやり方」を知ると自分のやり方にはなかった方法に出会えてすごくヒントになる。

こういう、誰かの「私はこうデザインについて考える」っていう話を聞くのは楽しい。
この本には、先輩とサシで飲んでて思わず真面目トークしちゃって、「先輩!勉強になります!」と思わず言っちゃうような、そういう温かみと実体験に基づくヒントが詰まっている。

私がそうだったのか、と目から鱗だったのが「デザインは抽象化すること」という視点だ。この言葉は本書の中でたびたび出てくる。
確かにそう言われれば、基本的なことなのかもしれないけど、私の視点には抜け落ちていたな、と思った。
デザイナーというとそこにある要素を飾り立てる行為のように思われがちだし私自身そう思っていたフシがあるけれど、「抽象化」こそはデザイナーの本質だと言われて、デザインに対する視線が変わった。
「抽象」という言葉で、頭に浮かぶのは原型を留めていないというか適当に描いたとしか思えない絵の具の飛び散った、そういう不可解な絵を思い浮かべてしまうと思う。(私はそうだ。)
けれど、著者は抽象とは、その対象から本質となる部分を抽出してそれ以外の部分を削ぎ落としていく、その作業だと言っている。
ー 例えば象を描く時に、何が象を象たらしめているのかを選択し抜き出してそれ以外の部分は削ぎ落としていく行為、これこそが「デザインする」ことだ。象という対象からある人は長い鼻と大きな耳を象の本質としてイラストに起こす。そして見極めた本質以外の部分をどのように削ぎ落とし本質をどのように描くかそれが「デザインする」ということだと。

他にも、デザインの先輩からの「勉強になります!」なお話が詰め込まれてて、今私はやる気に満ちています笑
なんか最近スランプだって方に特に読んでいただきたいです。

たのしごとデザイン論〈クリエイターが幸福に仕事をするための50の方法論。〉
カイシ トモヤ (著)

★★★★★

カサネテク


中毒性のあるCM。わざわざYoutubeで検索して何回も見ちゃうぐらいの中毒性。
主人公の女の子の絶妙なあざと可愛さがたまらん。
よく見たらめちゃめちゃ美人ってわけでもないけどついつい男が騙される系女の子のリアル感がすごい。演技とは思えない。

それで、私はこのCMの企画から完成までの流れがすごく気になってる。
まず、「重ねドルチェ」という商品名を最後まで出さないのも、CMと気づいた瞬間に離脱する時代の我々が最後まで見てくれるはず、という自信とか計算があってのことだと思うし、こういう構成にしようと決めたのって勇気あるなー強気だなーと感じる。

そして構想があってそれに合わせてこの曲を作ったのか、この曲がすでにあってそれを採用する前提で構想が練られたのかも気になる。
音楽の中毒性もかなり強くて、オーダーがあってから「合コンの歌ねーかしこまりー」って感じでこの曲作ったんだとしたらすごい才能だな。。。そしてこれだけあざとい歌を可愛く歌っちゃうシンガーも主人公と同じぐらい実に小悪魔的。

そして、この構成と曲のために存在するかのようなこの主人公の女の子をどこで見つけてきたんだろう。。
気になることだらけのCMだ。。。

あ、書くの忘れてたけど、これの振り付けもすごいと思う。こうちょっと練習すれば踊れちゃいそうなところがミソだよね。宴会の余興とかで女性社員があのあざと可愛い女の子になりきって踊ったりするんだろうな、なんて思ったりする。

すごい正攻法で、この時代にフィットしたCMを投下してきたなーと感心しきり。

ーーーーー
【スタッフ】
・主演:る鹿
ストリートからモードまで幅広いジャンルのファッション雑誌や広告で活躍する、今注目の若手モデル。
https://www.instagram.com/luluxinggg

・ボーカル:中村千尋
2014年夏、全国17か所にて路上ライブツアーを決行。
そのアクションがTwitter上でも話題となりフォロワー1万人獲得達成のストリートミュージシャン。
「カサネテク」(無敵の合コンテクニック!?/重ねドルチェCMソング) 配信開始。
https://nakamurachihiro.com

・振付:ELEVENPLAY/KOHMEN
演出振付家MIKIKOさんの主宰するダンスカンパニー「ELEVENPLAY」所属の振付師
http://elevenplay.net/member/丹羽麻由美
ーーーーー

写真家 大山 顕

工場萌えの写真家。
日常の向こう側にある非日常は真に迫るものがある。ていうかとにかくカッコイイ。

Refinery plants, Kashima, Japan. #factoryfanatics #工場萌え

A post shared by Ken OHYAMA (@ken_ohyama) on

Refinery plants, Kashima, Japan. #factoryfanatics #工場萌え

A post shared by Ken OHYAMA (@ken_ohyama) on

A industrial salt yard, Kashima, Japan #factoryfanatics #工場萌え

A post shared by Ken OHYAMA (@ken_ohyama) on

A grain pier, Hachinohe, Japan. #factoryfanatics #工場萌え

A post shared by Ken OHYAMA (@ken_ohyama) on

a paper mill. Fuji, Japan #factoryfanatics #工場萌え

A post shared by Ken OHYAMA (@ken_ohyama) on

大山 顕 @sohsai

アニメーター シシヤマザキ

シシヤマザキさんが好きなので、このサイトでembedできるかテスト。

MTV ident @wcs.mtv Music: Sachio Yoshizawa @yxshxzxwx

A post shared by ShiShi Yamazaki (@shishiy) on


インスタは普通に埋め込めるはず。


DFS Exclusive: ULTIMUNE by Shiseido x Shishi
vimeoはどうかな?
シシヤマザキさんのこの色遣いがめっちゃ好きです。

http://shishiyamazaki.com/video
公式サイトの動画ポートフォリオ